ちょっパヤ!ネット

ちょっパヤ!ネット

▼ちょっパヤ!ネット▼
ちょっパヤ!ネット
ちょっパヤ!ネットはコチラ




インターネットショッピングについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

アドレスにhttpが最初に付きますが、最後にsが付く、httpsって昔から…

アドレスにが最初に付きますが、最後にsが付く、sって昔からありましたか?

何の意味があるのですか?

(質問のあった日:2018年6月3日)

HTTP over SSL、https、アドレス、盗聴、改ざん、クレジットカード番号、最初についてのご質問のようですね。

このインターネットショッピングに関する質問に対する回答

HTTPS = HTTP over SSL(今はバージョンアップでTLSという名称になっている)



SSLやTLSは通信を暗号化してセキュリティを保つもので、盗聴や改ざんに対して強くなります。

というのは、HTTPのデータはあなたのパソコンから目的のコンピューターまでバケツリレー的に転送されてくるので、その間に盗聴や改ざんをする悪いコンピューターが紛れ込んでいる可能性があるのです。



例えばクレジットカード番号を送信するのも安全になりました。SSLが普及するまでは、インターネットショッピングで注文した後にクレジットカード番号はFAXで送るなんてこともあったんですよ(電話回線の方がまだ盗聴が難しい)。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

▼ちょっパヤ!ネット▼
ちょっパヤ!ネット
ちょっパヤ!ネットはコチラ


一番上に戻る