金印オンラインショップ

金印オンラインショップ

▼金印オンラインショップ▼
バナー04
金印オンラインショップはコチラ




インターネットショッピングについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

至急よろしくお願いします。 インターネットショッピングで買い物をし…

至急よろしくお願いします。

インターネットショッピングで買い物をし、後払いを選択、その後支払ったがショップから委託?された弁護士事務所から料金未払いのため民事訴訟を起こしますと連絡 があった件についてです。



詳細を書きます。

昨年12月に一人暮らしを始める為に部屋を借り、その部屋の為に後払いで食器棚だけを新しく買いました。

請求書が届くと同時期頃、職場の人間関係などで心細く精神的に辛くなり、すぐに借りた部屋はそのままにほとんど実家で寝泊まりしていました。



そして今年の5月頃、新しい仕事が見つかり、精神的にも落ち着いて来て一人暮らしの部屋に帰る様になりました。そしてその時一人暮らしの部屋の郵便受けにくだんのインターネットショッピングの後払いについての「受任通知書(請求書)」というものが届いているのを見つけました。

見つけた時はまだその受任通知書に記載されている支払い期限が数日先だったので、すぐにATMから振り込みました。



こんなに長く払えなくて本当に申し訳なく情けない気持ちでいっぱいでした。

その後はそのインターネットショッピングの後払いに関するものは何も届きませんでした。これで一安心だと心から思いました。



しかし本日6/17、17時頃、弁護士事務所から連絡があり、入金確認が取れないので民事訴訟を起こします、と告げられました。

お振込はしましたと言いましたが、こちらでは入金確認が取れていませんので振込はされていないという事ですと、言われていました。



振り込んだ時にATMから発行される利用明細書をすぐに捨ててしまった事を心から後悔しました。私がいくら確実に振り込んだという記憶を持っていたとしても、先方がこちらでは入金確認が取れないと言われたらそれが事実になりますよね…。



そしてもう一つ、もしかすると振込先を間違えていたのではないかとも思うのです。



そこで質問ですが、

●この振込はしたが振込先を間違えていただけという場合でも、民事訴訟に発展するのでしょうか?

●振り込んでいた事自体が私の記憶違いで、実際には振込先の間違いどころか振り込んでさえいなかった場合は100%、民事訴訟は避けられないのでしょうか?

●振込先の間違いであれば、消費者センターに相談すれば何か手はあるのでしょうか?



ちなみに架空請求ではないです。

購入したショップ名、商品名、金額、全て同じです。



長々と申し訳ありません。

自分のまいた種であることは重々承知しております…すみません…

よろしくお願いします。

(質問のあった日:2018年6月17日)

民事訴訟、後払い、受任通知書、インターネットショッピング、一人暮らし、債務整理、先間についてのご質問のようですね。

このインターネットショッピングに関する質問に対する回答

受任通知とはあなたがお金を貸している相手が債務整理を

スタートしたことを知らせる書面です。



多くの場合、債務者名義で届くのではなく、

債務整理を依頼した弁護士名義で届き、

「内容証明郵便」という配達方法で郵送されてきます。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント




◆回答ありがとうございます。

無事解決いたしました。





◆ATMなら銀行経由でしょ? その銀行で調べてもらったら?



現金で振り込んだの?

通帳記帳はしてないの?





◆振り込み先のミス、振り込み忘れ、どちらも民事訴訟されます。

相手から見れば支払が無い事しか判りません。



しかし普通は、支払期限が過ぎても直ぐに民事訴訟は、有りません。

何回も再請求して支払いも連絡も無い場合のみです。

弁護士も民事訴訟も手間とお金が掛かります。



さて貴方がATMで振り込んだ記憶が有れば調査可能です。おおよその日付、金額、相手でも構いません。

振り込み人は自分ですから正確です。

振込み先間違いなら、戻る可能性が有ります。

▼金印オンラインショップ▼
バナー04
金印オンラインショップはコチラ


一番上に戻る