抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」

抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」

▼抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」▼

抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」はコチラ




健康についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

身分証明書などで質問です 最近まで他県で就職しており住民票も移し…

身分証明書などで質問です



最近まで他県で就職しており住民票も移していたのですが仕事を離職することになり転出届けもせずに戻ってきてしまいました。 そのまま次の仕事をなったのですが 身分証明書がなくて困っております



住民票も身分を証明する物がないのでとれません。



国民健康保険 も社会保険に切り替えて離職後返却してしまたのでどっちもありません。



マイナンバー 住民票が取れないのでわかりません。



手元に今あるのは 年金手帳と3ヶ月ちょっと前に取ったマイナンバーなしの住民票だけです。

(質問のあった日:2018年10月17日)

マイナンバー、住民票、マイナンバー通知カード、身分証明書、マイナンバーカード、国民健康保険、社会保険についてのご質問のようですね。

この健康に関する質問に対する回答

年金手帳があるなら転出届は出せます

これで 住民票を置いていない状況から解放されます。

その後は国民健康保険の手続きをします。

離職証明があればそれで問題ありませんし、もしないとしても

住民票と保険証は 必要最低限の生活をするうえで必須とみなされているので

職員との面談で本人と確認できれば 発行してもらえます。

(なお 後述の3番目のリンクの通り マイナンバー通知カードがなくても

国民健康保険の手続きは可能です)



住民票と健康保険証が入手できれば

小型特殊免許の試験が受験できますので 合格すれば

免許証と同様の効力を持つ身分証が手に入ります。



免許証はマイナンバーカードと違って紛失時の悪用リスクが少なく

マイナンバーカードのように身分証として拒否されるようなことはまずないと考えていいですね。

://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1119762239



なお 下の回答で

「なお、マイナンバー通知カードをなくしてしまったのであれば、必要なら転入したあとその役所で紛失届+再交付申請をしてください」

とありますが

建前ではそうなのですが 私はお勧めしません。



【制度上の建前】と【私ならこうする】という2つの視点で回答します。



【制度上の建前】



法律上は紛失した場合には届け出る義務があります。

(無視しても罰則はないのですが)



行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律



第七条



6 通知カードの交付を受けている者は、当該通知カードを紛失したときは、直ちに、その旨を住所地市町村長に届け出なければならない。





要するに「役所に届けてください」と言うことですね。





もっとも 一般の総務省や内閣府の案内では役所に届けろとは言われずに、警察に届けろと言われます。

住所地を管轄する警察署に「通知カード紛失届」を提出するということ

「通知カード紛失届」を提出すると「受理番号」が発行されることになります。

そして役所に行くように案内されます。

役所側の視点では

紛失した人が受理番号を持って行き、役所の窓口に行って 再発行手続き(500円かかります)をすることになるのでこの時に 法律上の義務を果たしたと解釈されます。そして 約2週間後に再発行されます。



なお マイナンバー通知カード紛失を警察に届けるのは

マイナンバーは他人に知られると悪用されやすいものだからです。

マイナンバーは人に知られたら悪用される可能性があるので

警察への紛失届は欠かさないことをお勧めします。

無視しても罰則はありませんが、警察が知らない状況にあると犯罪に使われても初動捜査が遅れてしまいます

ここまでは建て前ですが、私が質問者様の立場ならそうはしません。





【私ならこうする】

警察署に「通知カード紛失届」を提出して「受理番号」を受け取るまでは 上記と同じです。 しかし、役所には 紛失の報告をするだけで、再発行申請手続きはしません。



法律の条文をよく読むとわかりますが



「通知カードの交付を受けている者は」 という文言が入っていますよね。



行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律

には 第七条で 「通知カードの交付を受けている者は」〜 「しなければならない」 という文章が複数存在して 更に第十七条 で「個人番号カードの交付を受けている者は」「しなければならない」 という文章が複数存在します



つまり マイナンバー通知カード交付を受けていたり マイナンバーカードを受け取っている人は それだけで 法的義務が増えてしまっているのです。





だから

マイナンバー通知カードを受け取り拒否や返送の方がメリットがあると言われているのです



住民基本台帳の記載事項に変更がある場合や(住所移転等を含む)、紛失、婚姻などをすると マイナンバー通知カードやマイナンバーカードの記載内容を変更するので持参する義務を負います。マイナンバー通知カードを受け取っていなけばこの法的義務が消えます。





問題なのはマイナンバー通知カードやマイナンバーカードを受け取ることによる「今現在の義務」ではなくて「将来追加される恐れのある義務」です。





新たに追加される義務が何になるか不透明ですが、かの住基ネットの時ですら表向き「地方自治体の専用回線で国は全然関与しない」と言いながら住基カードに従来の住所氏名生年月日以外に財産や病歴や海外渡航歴など10以上の項目を組み込む計画を極秘裏に進めていて後になって発覚しました。

://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1319433109

↑の?参照



従ってマイナンバー通知カードを受け取ることで今法律に定められていること以外の地雷(隠れ義務)がある可能性も否定できません。



将来はこのようなことから マイナンバー通知カードを受け取った人とそうでない人で大きな開きが出てくる可能性があります。



従って マイナンバー通知カードを再発行しないで紛失届を出すか返送手続きを取り、

マイナンバー通知カードを持っていない状況を役所に認識させて

後で放置する方が 質問者様にもメリットになるのです。



自分のマイナンバーを知るなら

それこそ マイナンバ通知カードでなく住民票の取得で知ることができます





なお マイナンバー通知カードやマイナンバーカードがなくても 役所の手続き 確定申告 会社の労働などで 全てマイナンバー無しで可能なので生活に支障は全くありません。

://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1216888415



自分のマイナンバーを知るなら

それこそ マイナンバ通知カードでなく住民票の取得で知ることができます

マイナンバー通知カード再発行は500円ですが 住民票なら200〜300円でもっと安いですね。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

▼抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」▼

抜け毛防止専用「S─1 無添加シャンプー」はコチラ


一番上に戻る