雑誌掲載・モデル着用の水着通販 バケスタ

雑誌掲載・モデル着用の水着通販 バケスタ

▼雑誌掲載・モデル着用の水着通販 バケスタ▼

雑誌掲載・モデル着用の水着通販 バケスタはコチラ




健康についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

精神科に通って服薬していますが、先発品とジェネリック医薬品は、本…

精神科に通って服薬していますが、先発品とジェネリック医薬品は、本当に変わらないのでしょうか? 成分は一緒みたいだけど、他に変化は無いのでしょうか?

正直ジェネリック医薬品は不安です。

(質問のあった日:2018年10月13日)

正直ジェネリック医薬品、ジェネリック薬、精神科、含有物、先発品、成分、新薬についてのご質問のようですね。

この健康に関する質問に対する回答

ジェネリック薬は特許の切れた薬です。

薬の特許の申請には、成分・製法の明記が必要で、特許が切れれば、それを真似る事は法律的に制限出来なくなります。

ですが、商標上では、同じ名前は使えませんから、名前が違うダケです。



「100パーセント同じ製法でないなら違うものができるに決まっています。」

→誤差の範囲内です。

そもそも、人自体の体格や健康状態が各々違いますから、ジェネリック薬と元の薬の違いを問題にするなんてナンセンスです。



ジェネリックであろうとも、国の認可が無ければ薬として販売する事は認められず、元の薬と少しでも成分が違うなら、治験からのデータを以て認可が必要で、新しい薬として販売されます。



ちなみに、薬は体内で分子に分解され、病状の原因と成る、ターゲット分子と結合し、更なる体内分子との結合を妨げる事で、病状を改善させて行きます。

ですから、薬の成分が同じなら効能は同じです。

(=ジェネリック薬として認可されているのなら問題無いという事))



「成分は同じでも含有物の割合が違うという風に書いてある本もあります」

→記憶違いか、誤解釈です。



「医師の指示が無ければ原則ジェネリックにという通達が出た様です」

→当然です。

全く同じ薬ですから。

これまでは、大手国内製薬会社に配慮されて来たのが、国民の医療費増加が許容できなく成って来ている為、「原則ジェネリック化」に踏み切ったのだと思います。

(日本の製薬会社は、世界で(ファイザー・ロシュ・ノバルティス等)見れば弱小なので)



現在の日本の医学で、ジェネリック薬を否定するのはナンセンスです。

江戸時代の医学では無いのですから。



ちなみに、ジェネリック薬が安いのは、その開発費用が極端に少なくて済むからです。

新薬を開発する多くのケースでは、少しずつ分子構造の違う数万種類の新薬候補薬を、数万匹のマウス実験から始め、徐々に大きな動物(例えば「犬→牛→猿」)の動物実験を得て一つに絞り込み、人での治験も必要で、一般的に一つの新薬の開発には数十億円かかると言われています。

ですが、ジェネリック薬はそれを必要としませんから、売価を安くできるのです。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント




◆成分は同じでも含有物の割合が違うという風に書いてある本もあります。

100パーセント同じ製法でないなら違うものができるに決まっています。個人的にはジェネリックはおすすめしません。





◆不安だったら先発品にしていただきましょう。申し出ればいいだけです。



確かに、メンタル系の薬はジェネリックは、ちょっと違うって聞きますしね。

▼雑誌掲載・モデル着用の水着通販 バケスタ▼

雑誌掲載・モデル着用の水着通販 バケスタはコチラ


一番上に戻る