どこよりも売れているデオドラントサプリ【最後の門番】

どこよりも売れているデオドラントサプリ【最後の門番】

▼どこよりも売れているデオドラントサプリ【最後の門番】▼

どこよりも売れているデオドラントサプリ【最後の門番】はコチラ




健康についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

アルコール依存の父(63歳)について相談です。 話は長くなります。 父…

アルコール依存の父(63歳)について相談です。 話は長くなります。



父は毎日大量に酒を飲み、食べまくったり吐いたり車を運転しようとして止められたりスーパーを徘徊したりします。



暴力とかはないものの、あわよくば運転しようとして怖いのです。



また、会社のアルコールチェックに引っかかり、まともな仕事もできず掃除や雑用しかできません。



そこで会社から、もはや限界ですよ!と言われ、アルコール依存の取り扱いがある病院へ連れてく事に決まりました。

しかしそれからすぐ、アルコールチェックに引っかかり雑用しかできてなかった事が重なりクビが確定したと言われました。



兄弟はみな実家(アパート)を出てそれぞれの暮らしを県内でしています。



父と母は実家に住んでいますが、母は昔の病気のせいでマトモに働けない状態です。

そんな中、父も職を無くした場合、どうするべきでしょうか?



兄弟は皆、自分の生活でいっぱいいっぱいです。

自分も、嫁は働けない体なのと月々の支払いで赤字が出たりするのでとてもじゃないけど金銭面で助けてあげれません。



この場合、自分達はどう手助けするべきでしょうか?

父らは生活保護とか受けた(受け取れるのか?)方が良いのでしょうか?



どなたか心優しい方、ご助言お願い致しますm(_ _)m

(質問のあった日:2018年10月11日)

アルコール依存、アルコールチェック、雑用、ご助言、金銭面、生活保護、役所についてのご質問のようですね。

この健康に関する質問に対する回答

失業して、その後、貯金残高が少なくなったような状態になったなら、→正式に生活保護の申請をすれば、おそらく生活保護受給の可能性は大きいと思います。

生活保護申請時期の目安は、貯金残高が生活費1か月分以下くらいになったときです。

なぜなら、生活保護が受給できるかどうかの審査期間は、申請後、最長で30日ですから。(生活保護法24条)



※※ もしも生活保護を申請したいなら、いきなり、役所に相談に行かないほうがよいのです。

なぜなら、市役所・町村役場の生活保護の窓口は不親切な傾向です。

生活保護申請の窓口で職員が『へ理屈』を並べて、生活困窮者に不快な体験をさせて、窓口に再来させないようにしている場合もあるのです。

失礼な言い方かもしれませんが、多くの場合、生活保護を申請しようとする人々は法律も知らず、知恵も働かず、立ち回りも悪いことが多くて、役所の不親切な態度に負けてしまって、正式な生活保護申請をあきらめてしまうことになるのです。



では、どうすればよいかと言えば、下記のような支援団体などで相談してから、その後、役所(生活保護の申請窓口)に行ってください。



生活保護問題対策全国会議 -生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ(相談先リスト)

://seikatuhogotaisakublogfc2com/blog-entry-154html



全国生活と健康を守る会連合会(全生連)

://wwwzenseirennet/



生活保護でお困りなら 法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

://wwwhouterasuorjp/lp2/?utm_source=Yahoo&utm_medium=search&



あるいは本人が、大きな病院に通院(または入院)していて、病院に、医療ソーシャルワーカー(MSW)が配置されていれば、相談してもよいと思います。

優秀なMSWなら、生活保護受給のコツ(要領)は心得ているだろうと思います。

、、、、、、

お勧めの順序は、



?支援団体などで相談



?支援団体などのスタッフの同伴で役所(生活保護の窓口)に行く。



?正式に生活保護を申請する。



?生活保護が受給できるかどうかの通知が30日以内に郵送される。

———

生活保護に関しては、私の回答の中で、類似の内容が過去に数多くあるので、見ていただいてもよいと思います。



生活保護などは詳しく説明すれば、きりがないので疑問があれば再度ご質問していただくか、上記のURLの中の支援団体などで聞いてみたらよいと思います。

質問者様から返信・補足があっても私としては追加回答はしないと思いますから、疑問があれば新規の投稿文で再度ご質問ください

私としては知恵コインは不要ですから、新規の投稿文で。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント




◆アルコール依存症の病院では、相談するところなかったですか?



病院に入院されなかったのは、なぜでしょうか?

大変失礼な言い方ですが、お父さんは、廃人になってますよ。



経済的な不安があるので、生活保護とか申請する際に、役所で相談できる課がないか探してみてはいかがですか?(健康福祉課とか)



生活費があったところで、お父さんの病気がそのままでは、どうにもいかないと思います。



生活保護が先か、治療が先かは、手続き次第だとは思いますが、病院にかかってから、方針が決まると思います。



断酒は、自力ではできないものです。

錯乱状態にはなるし、幻聴、幻覚で暴れることだってあります。それを、自宅アパートで乗り切れるはずなどないのです。



治療するにはお金がいる。しかし、そのお金がない。

そのことを、病院、役所で、相談をまずされてから、手続きがとれるものは片っ端から、していくしかないと思います。





◆年金受給までまだ2年あるので、生活保護もやむなし、ですよね。



市役所に相談をしてあげてください。

ここまで放っておいたのは、お母さんも病気だったからでしょうから。





◆大変ですね。父親の方の兄弟はいないのでしょうか?親戚に相談するか、市役所に相談して生活保護を受けられるか聞いてみた方がいいと思います。

▼どこよりも売れているデオドラントサプリ【最後の門番】▼

どこよりも売れているデオドラントサプリ【最後の門番】はコチラ


一番上に戻る