Dr.Senobiru

Dr.Senobiru

▼Dr.Senobiru▼

Dr.Senobiruはコチラ




健康についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

退職時の社会保険料・住民税について 先月、15日に会社を退職をしまし…

退職時の社会保険料・住民税について



先月、15日に会社を退職をしました。

次の就職先は決まっていましたが、10月1日より勤務だったので2週間ほど無職の期間がありました。

その間、健康 保険と住民税の請求が届き健康保険料(9月分)のみ支払いをしました。



今日、改めて前職で最後に貰った給与明細(9月分)をみると健康保険料・雇用保険料・所得税・住民税・厚生年金は天引きされていました。



この場合、健康保険料は2重に払っていることになりますか?

住民税はまだ払っていないのですが、払う必要はありますか?



ご回答、宜しくお願いします。

(質問のあった日:2018年10月11日)

健康保険料、住民税、国民年金、厚生年金、退職、雇用保険料、納付書についてのご質問のようですね。

この健康に関する質問に対する回答

> 健康保険料(9月分)のみ支払いをしました

は、役所から国民健康保険の通知書・納付書が届いたんですよね。

ならば、二重払いはないですよ、安心して下さい。



ちょっと理屈を説明すると、

保険料は、月末に加入していると発生します。在職中の8月末に会社の社会保険の保険料が、国保に切り替えた9月末に国保の保険料が発生しました。

普通の会社は、月末発生の保険料を、月をまたいだ翌月の給料から天引きします。ですから、あなたの最終給与から引かれたのは、8月末分なんです。



なお、国保の納付書が届いたのが、国保の脱退手続きの前だったなら、還付金がある可能性が高いでしょう。国保の納付書の金額は、「ひと月いくら」の額より多いのが普通だからです。





住民税は、給与からの天引きは「ひと月いくら」でされますが、退職すると年4回分割の納付書が届きます。10月はちょうどその発送時期ですね。

新職場でも給与からの天引きで払いたいなら、職場の担当者に相談するが良いでしょう。但し、10月の給与からの処理は、間に合わないかも知れません。その際は、届いた納付書の分は自分で納めたうえで、次の期(翌1月)からの天引きとなることでしょう。





あと、国民年金は、9月分の納付書が届きます。加入手続きしててもしてなくても、それを納めて決着となります。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント




◆住民税は昨年の所得に対し払っています。

当然払いましょう。



国保の督促は聞いたこと無いですが、加入申請しましたか?



国民年金は未納分があれば、督促が来ます。

免除申請も出来ますが、払えるなら払いましょう。





◆二重に払ってたら戻ってくるから安心しろ

▼Dr.Senobiru▼

Dr.Senobiruはコチラ


一番上に戻る