電話とチャットでウラナッテ

電話とチャットでウラナッテ

▼電話とチャットでウラナッテ▼

電話とチャットでウラナッテはコチラ




健康についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

ダイエット後について 今年の4月から7月で12キロ(165/62→50)のダイエ…

ダイエット後について



今年の4月から7月で12キロ(165/62→50)のダイエットに成功して、現在維持を続けています。



ダイエット終えて3ヶ月体重は生理や浮腫、前日の食べ過ぎを含めても49~51 をキープしているのですが、まだ徐々に痩せ続けています。主に頬肉、指、腕、太ももです。



普段ビール飲んだり、炭水化物、チョコ

週末は焼肉、お寿司、マック、ピザ、デザートをお腹いっぱい食べてます。



ダイエット前より量は減りましたが、元々男性も引くほどの大食いなので少食にはなっていないとになぜまだ痩せ続けているんでしょうか?

ダイエット中も今も運動は一切していません。極端な食事制限で痩せました。

部活やスポーツをやった経験もなく体力も昔から全然ありません。



今の体重になってから生理不順、貧血(立ちくらみ?)に頻繁になっていて健康的では無いと思い、少し体重を増やしたいのですがどうしたらいいのでしょうか



今の状態のままウォーキングや筋トレをしても改善はされないのでしょうか?

(質問のあった日:2018年10月11日)

ダイエット、立ちくらみ、生理、筋肉ゴールデンタイム、炭水化物、ウォーキング、魚肉ソーセージについてのご質問のようですね。

この健康に関する質問に対する回答

違ってたら申し訳ないですけど



筋肉を付ける食事法?「食事は1日6食に分ける」

身体はエネルギーが不足すると、筋肉を分解してエネルギーに変わります。そのためには、エネルギー不足に陥らないよう定期的なエネルギー補給が必要です。従って、食事は1日6食に分けるのがベスト。この食事法は、食が細いプロアスリートも取り入れています。注意点として、6食ともしっかり食べるのではなく、3食分を6分割するくらいの量を摂取しましょう。

ここでのポイントは、6食全ての食事のバランスが取れていることです。1食だけ炭水化物が8割だったり、ビタミンがなかったりすると、栄養吸収率も悪くなり、食事によるパフォーマンスの向上も無駄になります。割合として、炭水化物5割、タンパク質3割、ビタミン類2割になるようにすると、効果的に栄養を吸収する事が出来ます。プレートやタッパーに料理を乗せるようにすれば、見た目で割合もわかりやすく調節可能です。





筋肉を付ける食事法?「1日15リットル以上水を飲む」

トレーニングの最中を含め、水分は小まめに摂取しましょう。身体の約60%は水分で出来ています。筋トレ中に身体の水分が不足すると、疲労感や筋力の低下、筋肉のけいれんなどを引き起こす原因に繋がります。また、水は体内の老廃物を排出してくれるため、新陳代謝も活発に。健康面にも効果的です。1日15リットル以上を目安に水を摂取して、身体の水を効率的に循環させましょう。





筋肉を付ける食事法?「高タンパクな食事を心がける」

食事を取る際に気を付けたいのが、高タンパクか否かです。タンパク質をきちんと摂取すれば、筋肉をきちんと増強できます。

タンパク質を多く含む肉類は、牛ヒレ肉、豚ヒレ肉、豚もも肉、鶏むね肉、ささみ。魚介類であれば、サバ、サケ、タラ、マグロ(赤身)、エビが高タンパクな食材です。手軽な食材なら、コンビニで販売されている「サラダチキン」や「ゆで卵」もおすすめ。空きっ腹になったら、お菓子代わりに「サラダチキン」を食べる習慣を作っても良いかもしれません。もちろん、野菜など健康的な食材もチョイスして、筋肉を付けつつ適切な体調管理を行いましょう。





筋肉を付ける食事法?「目的に合わせた食事メニューにする」

食事もトレーニングと同様に、目的に応じてメニューを変えましょう。食事を変えるだけで、効果にもかなり変化が現れます。





筋肉増強を目的とした食事

筋肉を増強することを目的とした食事の最大のポイントは、高カロリーであること。俳優の鈴木亮平さんは、役作りのために一日5、000calの食事を40日間行い、ムキムキのまま30キロの増量に成功しました。それだけカロリーは大事ということですね。ポイントは、タンパク質と同じくらい炭水化物も取るよう意識すること。ダイエットとか言って炭水化物を抜きすぎると、いつまでもバルクアップしません。

理想は、1日3500cal以上摂取を目標に食事をすること。おおよそ牛丼の並盛6杯で達成できるカロリーなので、栄養バランスに気を配りながら、心掛けてみましょう。但し、糖質の多いコーラやケーキなどでカロリーを稼ごうとすると、脂肪に変わってしまうだけなので、糖質の多い食品にはあまり手を出さないようにしましょう。

筋力強化の為の具体的な1日の食事



【1食目 朝】

卵掛けご飯1杯、わかめと豆腐の味噌汁、鳥のから揚げ、ポテトサラダ

【2食目 ブランチ】

プロテイン1杯、バナナ1本

【3食目 お昼】

ご飯15杯、豚ロースの生姜焼き、ササミと大葉のはさみ揚げ、ゴボウとレンコンのサラダ

【4食目 おやつ】

ヨーグルト、リンゴ

【5食目 夕食】

玄米ご飯15杯、サバの塩焼き、野菜ジュース、水餃子の中華スープ、卵焼き

【6食目 夜食】

プロテイン1杯、ほぐしチキンと卵のお粥1杯

筋力強化の食事で一番大切なのは、食事と一緒にトレーニングも続けることです。トレーニングをやめてしまうと、筋肉に栄養が行かなくなり、その分が脂肪に変わってしまいます。ジムに行けない日でも、自宅で出来る自重トレーニングを行い、筋肉への刺激を促しましょう。





身体を引き締めることを目的とした食事

体脂肪が気になったり、引き締まった身体を作るのを目的とした食事のポイントは、高タンパク低カロリーなこと。単にカロリーだけを減らしてしまうと、筋肉を維持出来なくなり、筋肉量が減ってしまいます。例えば焼き料理や蒸し料理は、味も美味しく、栄養も凝縮されているためおすすめです。美味しい料理(味の濃い料理)は高カロリーなメニューが多いので、食べる際は少量にするなどと工夫を施しましょう!高たんぱく低カロリーな食材として、ささみ、サーモン、大豆食品、豚ヒレ肉、豚もも肉、牛カタ肉などがあります。

身体を引き締める為の具体的な1日の食事



【1食目 朝】

ご飯1杯、豆腐と玉ねぎの味噌汁、納豆、ささみの胡椒味噌焼き

【2食目 ブランチ】

プロテイン1杯

【3食目 昼】

梅干しおにぎり1個、豆腐の和風ハンバーグ、魚肉ソーセージ、彩サラダ(青じそドレッシング)

【4食目 おやつ】

サラダチキン

【5食目 夕食】

ご飯半分、冷ややっこ、サーモンのハーブソルト焼き、きゅうりと大根の浅漬け

【6食目 夜食】

プロテイン1杯

身体を引き締めるには、消費カロリー>摂取カロリーという状態にならなければなりません。なので、通常のトレーニングに併用して、消費効率のいい有酸素運動にも取り組むようにしましょう。1日20分ランニングを日課にしてみたりするといいかもしれません。





筋肉を付ける食事法?「トレーニング後30分以内に食事を取る」

トレーニング後の30分間は、筋肉を成長させる筋肉ゴールデンタイムです。このタイミングでタンパク質と炭水化物を中心とした食事を取れば、トレーニングによる筋肉の分解を抑えて、筋肉の合成を促してくれます。筋肉ゴールデンタイムの食事は、筋肉を最大限成長させてくれます。食事が厳しい場合でも、プロテインやバナナなどの高タンパクな食事を30分以内に摂取するよう心掛けてください。

ネットサービスに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

▼電話とチャットでウラナッテ▼

電話とチャットでウラナッテはコチラ


一番上に戻る